にぎりの卵焼き

にぎり寿司の寿司ネタといえば、やっぱり魚介類ですね。

マグロ、アナゴ、コハダ、ヒラメ、エビ、イカ、アワビ……

そして、ちょっと異質な卵焼き。

寿司ネタのほとんどは魚類、甲殻類、貝類などの海のものです。

そこに卵焼きとは、いったいどういった敬意で寿司ネタになったのでしょう。

卵焼きは江戸時代からにぎり寿司の寿司ネタになっていたようです。

にぎり寿司は江戸時代後期の文政年間(1818~1830年)に江戸両国の華屋与兵衛がはじめたといわれています。

江戸時代の風俗についての考証的な随筆『守貞漫稿(もりさだまんこう)』に、「江戸・今製はにぎり寿司なり。鶏卵焼、車海老、海老そぼろ、白身、マグロのさしみ、こはだ、あなご甘露長のまゝなり」とあります。

江戸時代の中期、飯に酢を加えて作る早寿司が考案され、箱寿司や巻き寿司が作られるようになります。

箱寿司は寿司飯を箱形の枠に敷き詰め、その上に魚介類などを並べ、押し蓋で押したもの、押し寿司ともいいます。

この箱寿司には卵焼きも使われ、また卵焼きは巻き寿司にも使われていました。

江戸時代の後期ににぎり寿司が誕生しますが、にぎり寿司にも箱寿司や巻き寿司に使われていた卵焼きが引き継がれていったようです。